オーククリニックフォーミズ病院は、千葉県松戸市にある産婦人科です。【外来:産科外来・婦人科外来・婦人成人病外来・更年期外来/入院:産科・婦人科】

婦人科その他の手術治療 月経異常・性感染病 イメージ

月経異常・性感染症

「月経異常」、「性感染症」の症状と、その治療・手術についてご説明します。

主な症状と治療・手術について

月経異常

月経異常には周期の異常(無月経、不規則な月経)、量の異常(過多月経、過少月経)期間の異常、月経に伴う痛みなどの随伴症状などがあります。これらの原因としては排卵に関るホルモンの分泌異常、子宮筋腫や子宮内膜症などの子宮自体の器質的疾患などがあります。
診察では基礎体温の測定、各種ホルモンの測定のほか、画像診断が必要となり、その治療法としてはホルモン剤や排卵誘発剤が使われます。また、器質的疾患には手術が必要になることもあります。

不正性器出血

不正性器出血には妊娠に伴う出血と伴わない出血があります。妊娠に伴う出血には妊娠初期の流産、胞状奇胎、子宮外妊娠、切迫早産、前置胎盤などがあります。妊娠に伴わない出血には機能性出血と器質性出血があります。機能性出血には種々の内分泌異常による子宮内膜からの出血で思春期から老年期までのあらゆる年齢で発生し、出血原因としては一番多いものです。
器質的出血には子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮頸管ポリープ、炎症(子宮内膜炎、子宮頸管炎、膣炎など)、萎縮性膣炎などの良性疾患だけでなく、子宮癌や膣癌などの悪性疾患があります。各種の精密検査が必要で、手術が必要となることもあります。

おりもの(帯下)

おりものは外陰、膣、子宮などからの分泌物が増量した状態をいいます。
おりものは正常でもあり、月経周期により増えたり減ったりします。膣内はデーデルライン桿菌などにより酸性に保たれており病原菌の繁殖が防がれています。
かゆみ、不快な臭い、出血や痛みを伴う場合には病原菌による感染が考えられ、検査と治療は必要です。当院ではおりものの酸性度(PH)を測定し、診断に利用しています。

かゆみ

かゆみには膣内のかゆみと外陰部のかゆみがあります。外陰部は特にかゆみを感じやすいところでちょっとした温度の変化などでもかゆみを感じることがあります。原因としては局所的な病気と全身的な病気があります。
局所的な病気として真菌、トリコモナスなどの感染による膣炎や外陰炎、下着や生理用品による接触性皮膚炎、コンジローマなどの腫瘤によるものなどがあります。全身的な病気としては肝臓疾患、糖尿病、精神神経疾患などがあります。
原因により種々の治療を行いますが原因がわからない場合でもかゆみをとめる薬を使用します。

性感染症

クラミジア

クラミジア、トラコマチスの感染によるもので性感染症のなかでは一番多く、若年者、特に10代の感染が増加しています。感染から発症まで1-3週間です。感染経路は子宮頸管、子宮内膜、卵管、骨盤内、時に肝周囲(Fitz-Hugh-Curtis症候群)の順です。
症状としては粘調性、黄色のおりものの増加、不正出血、発熱、卵巣の腫大、腹水の貯留、下腹痛などがありますが多くは症状が乏しく、見過ごされると慢性化し、骨盤内の癒着等により不妊症、子宮外妊娠の原因となります。また、妊娠中の感染は流早産の原因になることもあります。
検査法としては菌自体を検出する抗原検査と抗体検査があります。治療法も一回の服薬で90%以上の治癒率を示しますがパートナーの治療も併せて行わないと不完全な治療となるので注意が必要です。当院では妊娠初期の検査として抗原検査を行っています。

ヘルペス

単純ヘルペスウィルスによって起こる感染症で、接触後3-10日で、外陰部に小さな水疱ができ、しばらくすると破れて潰瘍を形成し、激しい痛みを伴います。2-3週間で病変部は瘡蓋となり、自然治癒しますが再発することもあります。発熱やソケイ部リンパ節の腫脹を伴うことがあり、洋式トイレなどもでもウィルスに接触して感染するなど、性交渉以外でも感染することがあります。
診断は臨床所見、細胞診、ウィルス抗原検査、抗体検査などがあります。治療は抗ウィルス剤の内服または静脈注射が必要です。分娩時期に性器ヘルペス感染が認められる場合には帝王切開が必要となりますが感染がわからないで経膣分娩した場合、新生児ヘルペス感染を発症し重篤な病態となることがありますので注意が必要です。

尖圭コンジローム

外陰部や肛門の周り、膣壁、子宮膣部にできるイボで大きさもごく小さいものから1-2cm以上のものまであります。色は白、ピンク、茶褐色など様々で、形はカリフラワー状、ニワトリのトサカ状になります。痒みや痛み、帯下の増量、違和感などがあります。
原因はヒトパピローマウィルス(ローリスクHPV、HPV6型11型)の感染で発症します。皮膚や粘膜の小さな傷から感染して基底膜上の幹細胞に取り込まれて腫瘤を形成するといわれています。
その他に特殊な病変としてHPV16型(ハイリスクHPV)の慢性感染による外陰部ボーエン病(上皮内癌)があります。
診断は臨床所見、組織検査、HPV DNAを検出するハイブリッドキャプチャー法などがあります。治療には外科的な治療、薬による治療があります。当院では外科的切除、電気焼灼(Leep治療)、塗り薬による治療を行っていますがそれぞれ、一長一短があり、説明を受けてから治療法を選択していただいております。