オーククリニックフォーミズ病院は、千葉県松戸市にある産婦人科です。【外来:産科外来・婦人科外来・婦人成人病外来・更年期外来/入院:産科・婦人科】

院内ガイド イメージ

診察室・NST室

当院で過ごされるお母様が少しでも快適に過ごせるような雰囲気づくりを心がけております。

診察室・NST室

プライバシー重視

皆様に安心して受診していただけるよう、プライバシーを重視した診察室となっております。
「個人情報保護について」もご覧ください。

動いているおなかの赤ちゃんを見られる4D超音波

診察室の写真

4D超音波の写真

診察室で医師の説明を聞きながら、おなかの中の赤ちゃんの様子を診ます。4Dにより、リアルタイムで動いている赤ちゃんの様子を追うことができます。
超音波の画像は録画してご家族で見ることもできます。

4D超音波は立体的にみえる3Dに動画性を加えたものです。4Dは赤ちゃんのお顔だけでなく、口をパクパクしたりする動いている様子も見ることができます。
16週〜28週頃が比較的に良く映りますが、羊水量や赤ちゃんの位置・向き等により撮れない場合もございます。

※4D超音波の撮影は、当院にて分娩予約をされた方だけが対象となります。

検診時のエコー写真とビデオ録画

検診時のエコー写真

おなかの中で日々成長を続ける赤ちゃんの写真を記念として差し上げております。また、ご希望の方にはおなかの中の赤ちゃんの動きをビデオに撮ってお渡ししております。本来、検診時にお母様にしか見られない、おなかの中で元気に動き回る赤ちゃんの姿や心臓の鼓動の様子を、ご家族でご覧いただくことができます。

※ビデオ録画をご希望される方は、VHSビデオテープをご持参ください。

NSTでおなかの赤ちゃんの元気度をチェック

  • NST(ノンストレステスト) 写真
    広いNST室

妊娠後期になると38Wより毎週NST(ノンストレステスト)という検査で、おなかの赤ちゃんの元気度を確認します。おなかの赤ちゃんの心音とお母さんの子宮収縮の具合をチェックするために、おなかに装置のついたベルトを巻き付けて30〜40分程度をかけて、計測を行います。

NST(ノンストレステスト)検査 / 胎児心拍数モニタリングとは
38周の妊婦検診より、毎回「NST」と呼ばれる検査がはじまります。この検査では、NST(ノンストレステスト)といい、ストレスのない状態、つまり陣痛のない状態で赤ちゃんが元気がどうかを診るとても大切な検査です。胎児の心拍を調べる検査なので「胎児心拍数モニタリング」または略して「モニター」と言われることもあります。
ベットに寝て、お腹にベルトを2本巻きます。1つは赤ちゃんの心拍を、もう1つは子宮の収縮状態を記録し、その波形で赤ちゃんの健康状態を診断します。
赤ちゃんは20分おきにぐらいに寝たり起きたりしています。寝ている時の心音と起きている時の心音を確認し、より正確にモニターするために検査には最低30分〜40分ぐらいかける必要があります。
次回の検診から通常の妊婦検診に加えて毎回NST検査を行いますので、お時間に余裕を持って来院してください。