オーククリニックフォーミズ病院は、千葉県松戸市にある産婦人科です。【外来:産科外来・婦人科外来・婦人成人病外来・更年期外来/入院:産科・婦人科】

当院の特色 イメージ

ソフロロジー式分娩法

麻酔を使わない減痛分娩ソフロロジー式分娩法は、西洋医学の治療法「自律訓練法」を基にした、リスクを伴う麻酔をせず痛みを和らげる出産法です。

ソフロロジー式分娩法の歴史

ソフロロジー式分娩法とは イメージ

・ 陣痛の痛みを緩和できる
・ 陣痛が恐怖ではなくなる
・ リラックスでき、妊娠中もお産もおだやかでいられる
・ 呼吸法のおかげで分娩がスムーズに進行する
・ お産だけでなく、産後の育児も前向きになれる

…などがあげられます。

まずソフロロジーのお産をご覧下さい

画像をクリックしていただくと、痛みの少ないソフロロジー式での出産シーンをご覧頂けます。
ボリュームを上げてお産の臨場感を感じて下さい。
(ムービーをご覧いただくには、Adobe Flash Playerが必要です。)

「ソフロロジー式分娩法」動画
ソフロロジーDVDの画像

また、当院で分娩予約をなさった方には、研究会の会長である院長が監修のもと制作した、ソフロロジーをわかりやすく映像にしたDVDとリーフレットを無料でさしあげております。

ストレスが少ないソフロロジー

ソフロロジー式分娩法の特徴とメリット イメージ

心理的・身体的ストレスを受けると、人の尿中にはストレス物質のバイオピリンという物質が増加します。 最近の研究で、一般的なお産、麻酔による無痛分娩、ソフロロジー出産の計237例について陣痛前と分娩後のママのストレスを比較したところ、ソフロロジー出産はバイオピリン値が低い事が判明。
ソフロロジーにストレス緩和効果があることが科学的にも実証されています。

ソフロロジー式分娩法の歴史

1972年にフランスのジャンヌ・クレフ博士がはじめて分娩法にソフロロジーを取り入れました。現在ではラマーズ法を超えた分娩法として、パリを中心に、ヨーロッパでは広く行われる分娩法となっております。

1987年に熊本大学の助教授であった、松永博士により日本に導入され、同博士の研究改良により飛躍的に優れた分娩法と進化し、分娩まで麻酔をしなくても充分に陣痛を緩和できるようになりました。

ソフロロジー式分娩法の特徴とメリット

ソフロロジー式分娩法の特徴とメリット イメージ

音楽療法、イメージトレーニング、呼吸法、エクササイズを取り入れた、ソフロロジー式分娩法は、妊娠中より胎児への愛情をイメージしながら育むことによって、「母性の醸成」を確立していきます。
はぐくまれた母性を分娩にむかって、陣痛を乗り切るエネルギーへと切り替えていき、無意識下に潜在している生む力を引き出していきます。
まず、優しい癒しのこもった音楽を流すことで、深いリラクゼーションを誘導し、無意識からのメッセージを引き出す、音楽療法を取り入れたイメージトレーニングを行ないます(ソフロロジーの為に作曲されたオリジナルの曲を使っています)。
また、分娩時に緊張することから起こる不安をなくし、リラックスするために、ヨガのスタイルで行う、腹式呼吸(ただゆっくりと吐くだけの簡単なものです)を行います。そして、出産に備えての簡単なエクササイズを行います。

ソフロロジーのイメージトレーニングは、分娩をゴールとせずに、母性を育み、分娩がひとつの通過点であるとの見方の上に立っています。赤ちゃんを思う気持ちを自分の中で育てていき、同時に無意識の中に存在する母性を引き出してゆきます。

ソフロロジー式分娩は減痛分娩,超痛分娩とも言われていますが、実際の分娩では、練習してきたイメージトレーニングがいかに効果的であるかに驚かされることでしょう。

これからお産を迎えるお母様へ…

当院では、このソフロロジー式分娩法を最新の産科医学レベルで、医師の厳重な管理のもとで行います。

お産は決して怖いものではありません。
初産の方はあらゆる事に不安を抱いていらっしゃるのではないかと思います。
また、経産の方でも、不安の無い方はいらっしゃらないのではないでしょうか?
お産は赤ちゃんと出会える最高に感激的な瞬間なのです。どうか、安心して当院におけるソフロロジー式分娩法でお産にのぞんでください。
スタッフ一同、不安なくお産にのぞめますようお手伝い致します。

ソフロロジー分娩法について患者様の声

Voice

ソフロロジー式分娩法 イメージ

ソフロロジーのCDを毎日聴いていました。入院してからはおなかの赤ちゃんをイメージすることで、上手く陣痛をのりきることができました。(Tさん)

吐く息の大切さがわかりました。自分の力で出産したという実感がありました。(Kさん)

帝王切開で大変でしたがイメージトレーニングのおかげで赤ちゃんがとてもかわいくて授乳をがんばることができました。(Mさん)

ソフロロジーと出会えて、お産への怖さが楽しみにかわりました。(Tさん)

パニックになりそうに何度もなったが、ソフロロジーの音楽を聞いて心がリセットできた。(Nさん)

ラマーズ法に比べ、すごくリラックスできた。予想以上に楽な出産に驚きました。何より産後の体調が格段に楽です。(Yさん)

赤ちゃんも一緒に頑張っていると思うと、痛みを乗り越えることができた。(Eさん)

「陣痛のおかげで赤ちゃんに会える」ということをきき、陣痛が来るのが待遠しかったです。(Sさん)

ゆっくり吐く呼吸法をすると、おちついて痛くない時間があるんだなと気がつきました。(Tさん)

帝王切開で大変だったけど、 イメージトレーニングのおかげで育児もがんばれそうです。(Kさん)

ソフロロジー法研究会のホームページ

院長は2006年1月より日本ソフロロジー法研究会第2代会長に就任いたし、同分娩法の進歩と普及につくしております。本部事業として当院が作製したソフロロジー法研究会のホームページもご覧ください。