オーククリニックフォーミズ病院は、千葉県松戸市にある産婦人科です。【外来:産科外来・婦人科外来・婦人成人病外来・更年期外来/入院:産科・婦人科】

当院の特色 イメージ

分娩スタイル

当院で取り入れている、ソフロロジー式分娩法のお産の特徴。
医師が立ち会い万全な体制で分娩を管理。

赤ちゃんがより愛おしくなるお産

妊婦さんの写真

一般的に、妊婦さんはお産が近づくと未知の痛みである「陣痛」に恐怖感を抱きやすいようです。ですが、ソフロロジーでは陣痛を“赤ちゃんに会うための大切な痛み”ととらえるため、陣痛を赤ちゃんを生み出すためのエネルギーに変えられるようになります。
ただ、そうなるための準備を何もしない…というわけにはいきません。ソフロロジーのお産は、お産本番だけでなく妊娠中からすでに始まっているといってもよいでしょう。
妊娠中の準備が、心と体を調和させて「お母様の産むチカラ」と「赤ちゃんの産まれたいチカラ」を引き出してこそ安産になるのです。
それではソフロロジーのお産の特徴とともに、時期別にどのような準備をしておけばいいのかを具体的に見ていきましょう。

妊娠中 〜赤ちゃんのことを思いながらリラックスするだけでOK〜

当院のソフロロジー講座を受けていただき、ご自宅でもイメージトレーニング用CDを聞きながらリラックスする習慣づくり、長くゆっくりと深呼吸をする練習をしていただきます。繰り返し行うことで、赤ちゃんとの一体感が増してお産を前向きに考えられるようになります。
また、お産の基礎知識を持つことも冷静にお産に向き合えるポイントです。陣痛はずっと痛いわけではなくて痛いときとそうでないときが交互に訪れる、赤ちゃんが産道を徐々に降りてきて子宮口が開く…など、体のしくみを知っているとイメージトレーニングもしやすくなります。

陣痛中 〜イメージトレーニングで次の陣痛がくるのが待ち遠しくなる〜

陣痛が始まったら、音楽療法をとり入れたイメージトレーニング用CDをかけます。
妊娠中に繰り返し聞いていたメロディは、聞くだけで自然と気持ちがリラックスし、お産の妨げになる筋肉の不要な緊張などを取り除いてくれます。あとは妊娠中に練習した通り、心と体にたっぷりと新鮮な空気を送り込むように、ゆっくりと深呼吸をするだけ。そうすることで痛みが緩和し、次の陣痛の波が来るのを穏やかに待てるようになります。また、たっぷりと吸い込んだ酸素は赤ちゃんにも届いているので、母子ともに元気に陣痛を乗り切れます。

分娩 〜ゆっくりと息を吐いて、自分と痛みをコントロール〜

赤ちゃん誕生までもう少しというときも、引き続き呼吸法を続けます。
呼吸法のおかげで全く痛みを感じないわけではありませんが、陣痛を“苦痛”とは感じないので、従来のお産のように痛みによる極度の緊張やパニックに陥ることはありません。ソフロロジーのお産では、いきむときもゆっくりと息を吐きながら行います。リラックスできていると筋肉がやわらかくなっているので、お産の進行もスムーズです。もしも呼吸のペースがつかめない時は、医療スタッフがしっかり誘導して緊張をときほぐせるようにお手伝いいたしますのでご安心ください。

産後 〜赤ちゃんとの対面を楽しむことが母性を開花させるカギ〜

リラックスしたお産は体への負担が小さいので、お母様の体の回復も早くなります。
呼吸法の効果で充分に酸素をもらいながら生まれて来るので、赤ちゃんも血色がよくとても元気です。
妊娠中に身についたソフロロジーの「前向きな考え方」は、退院後の育児にも必ず役立つはずです。

万全な医療体制下でのお産

分娩には医師が立ち会い、万全な医療体制下で分娩を管理します。

赤ちゃんを大切に思う気持ちがあれば誰でもできる

「ソフロロジーでポジティブなお産ができたら最高だけど難しそう?」「練習しても上手に出来なかったら?」と不安に感じる方もいるはず。ですが安心してください。お母様のなかに、おなかの赤ちゃんを大切で愛おしく思う気持ちがあるだけで、すでにソフロロジーの考え方の基礎はできているのです。
難しいことは何もありません。のんびりとCDを聞きながら赤ちゃんのことをイメージし、妊娠生活を楽しく過ごしていただければいいのです。そして、呼吸法などについてわからないことがあればスタッフにお尋ねください。
お父様も是非ご参加ください。受講ご希望の方は、受付にてお申し込みください。

ソフロロジー講座を受講した患者様の声

Voice

院長先生のお話はわかりやすく、楽しく聞けました。お産がたのしみになりました。(Mさん)

おなかの赤ちゃんは、大切な自分の子供だとしっかりと実感できました。(Aさん)

ソフロロジーで御出産なさったばかりの方のお話を直接聞けて本当に安心しました。早く赤ちゃんに会いたくなりました。(Iさん)

よりいっそう生命を感じられるようになり、赤ちゃんがよりかわいらしく思えるようになった。(Aさん)

「陣痛は怖い」という気持ちはなくなった。乗り切れるものだと気持ちを切り替えられた。(Hさん)

実際に出産したばかりの方のお話しを聞いて怖さが減りました。(Aさん)

母親になる心構えができました。(Nさん)

ソフロロジー法研究会のホームページ

院長は2006年1月より日本ソフロロジー法研究会第2代会長に就任いたし、同分娩法の進歩と普及につくしております。本部事業として当院が作製したソフロロジー法研究会のホームページもご覧ください。