オーククリニックフォーミズは柏から松戸へ移転いたしました。
このページは柏時代の旧サイトです。参考になさってください。
(最新情報は http://www.oak-clinic.com/ をご確認ください。)

ホーム
オーククリニックフォーミズ 
ピックアップ クリニックのご紹介 クリニックの特徴 入院・出産のご案内 受診までの流れ 院長紹介 アクセスマップ メディア掲載

クリニックの特徴
ソフロロジー式分娩法
カンガルーケア
慈恵医大との連携
万全の管理体制
妊婦相談
栄養指導

ソフロロジー式分娩法

■いつから始めても大丈夫

 当クリニックでは「母性の醸成と確立」を目指し、妊娠・分娩を通じてお母様が赤ちゃんを思う気持ちを引き出し、赤ちゃんとの真の「絆」を築いていくために、ソフロロジー式分娩法を取り入れております。

 1972年にフランスのジャンヌ・クレフ博士がはじめて分娩法にソフロロジーを取り入れました。現在ではラマーズ法を超えた分娩法として、パリを中心に、ヨーロッパでは広く行われる分娩法となっております。

 日本へは1987年に熊本大学の助教授であった、松永博士によりもたらされ、同博士の研究改良により飛躍的に優れた分娩法と進化し、分娩まで麻酔をしなくても充分に陣痛を緩和できるようになりました。

 大きな特徴としては、ソフロロジー式分娩法では、妊娠中より胎児への愛情をイメージにより育むことによって、「母性の醸成」を確立していきます。はぐくまれた母性を分娩にむかって、陣痛を乗り切るエネルギーへと切り替えていき、無意識下に潜在している母なる娩出力を引き出していきます。

 また、特定の音楽を流すことで、深いリラクゼーションを誘導し、無意識からのメッセージを役立てる、音楽的な精神療法があります。ソフロロジーの為に作曲されたオリジナルの曲を使って、イメージトレーニング時に流します。
分娩時に緊張することから起こる不安をなくし、リラックスするために、ヨガのスタイルで行う、腹式呼吸(ただゆっくりと吐くだけの簡単なものです)を行います。

 ソフロロジーのイメージトレーニングは、分娩をゴールとせずに、母性を育み、その醸成と確立の上で、分娩がひとつの通過点であるとの観点に立っています。赤ちゃんを思う気持ちを自分の中で育てていき、同時に無意識の中に存在する母性を引き出していくのです。

 実際の分娩では、練習してきたイメージトレーニングがいかに効果的であるかに驚かされることでしょう。ソフロロジー式分娩が超痛分娩と言われるゆえんです。

 当クリニックでは、このソフロロジー式分娩法を最新の産科医学レベルで、医師の厳重な管理のもとで行います。

 お産は決して怖いものではありません。
初産の方はあらゆる事に不安を抱いていらっしゃるのではないかと思います。
また、経産の方でも、不安の無い方はいらっしゃらないのではないでしょうか?
お産は赤ちゃんと出会える最高に感激的な瞬間なのです。どうか、安心して当クリニックにおけるソフロロジー式分娩法でお産にのぞんでください。




Topics 第8回 日本ソフロロジー法研究会総会・学術講演会

第8回 日本ソフロロジー法研究会総会・学術講演会 《大盛況のうちに終了しました》


当クリニック森本院長が学会長となり、
学会を主催しました。


【会期】 2004年10月30・31日
【会場】 品川プリンスホテル エグゼクティブタワー
【内容】 なかにし礼招請講演「蘇れ、母なるもの」なかにし礼(作家)、
日本ソフロロジー法研究会会長講演 等

Oak Clinic for Ms. オーククリニックフォーミズ
千葉県柏市松葉町 
個人情報保護について